願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

近年の全日帯アニメを考える・2008年度編(5)

イナズマイレブン(2008年秋アニメ)

イナズマイレブン』が、はじめ日曜朝の番組だった頃を知っているひとは少ないかもしれない。テレ東で、朝8:30から『ネットゴーストPIPOPA』、そして9:00から『イナズマイレブン』であった。もっとも、僕は、日曜朝時代の『イナズマイレブン』を観なかった。そんな時間帯には起きていなかったからだ。あるいは、アニメなんてものが始まる前に、始発電車で東京競馬場に赴いていた。しかしながら、何故か『ネットゴーストPIPOPA』と『ねぎぼうずのあさたろう』と『バトルスピリッツ 少年突破バシン』は録画していた。『イナズマイレブン』だけ録画していなかった。何故か。今思い出した。『ゲゲゲの鬼太郎(第5作)』がまだ放映していたのだ。OPが、ザ50回転ズの担当に変わっていた頃だと思う。イナズマイレブン鬼太郎の裏番組だったのだ。

 

 日曜朝のアニメ番組で『ねぎぼうずのあさたろう』『バトルスピリッツ 少年突破バシン』『ネットゴーストPIPOPA』『ゲゲゲの鬼太郎』『絶対可憐チルドレン』『ライブオン カードライバー翔』は観た覚えがあるのに『イナズマイレブン』だけ観ていない。初期の話、つまり日曜朝に編成されていた頃の話は、キッズステーションの再放映で観た記憶がある。

 

イナズマイレブン』は、2009年の4月にゴールデンタイムに「栄転」するので、いまはあまり詳しく触れないでおこう。それにしても、すごい吸引力を持っていたアニメだったなあ、というつぶやきが漏れる。その吸引力の秘密は何だったのかという理由を考えている暇はいまはない。

 

バトルスピリッツ 少年突破バシン(2008年9月放映開始)

『古代王者 恐竜キング』シリーズの後番組である。オープニングテーマを及川光博が歌っていた。アニメソングだとみんな知らないだろうからカラオケでこっそり歌ってやろうかと思ったこともある。

 エンディングテーマはより強烈だった。 Little Non というアーティストの『冒険記録』という曲である。エンディング映像は、作品本編に登場する「マイサンシャイン」というアイドルのLIVEという体裁になっていた。

   Little Non は最近どうしているのだろうか、僕は知らないが、2000年代にアニメ主題歌をたくさん供給している。例えば、『咲-saki-』(2009年)の後半のオープニングで、恐ろしく程度の低い映像のオープニングだったのを記憶にとどめていらっしゃる方もおられると思うが、そのオープニングテーマを歌っていたのが Little Non だ。難儀だったのは、「 Little Non が何を歌っているかわからない」、つまりいわゆる Little Non 節で、歌詞が容易に視聴者に伝わってこなかったのである。

バトルスピリッツ 少年突破バシン』の『冒険記録』のほうは、歌詞がちゃんと聞こえてくる曲だったので、そこは安心であった。

 さて、この『冒険記録』、つまり作品前半のエンディングは、「マイサンシャイン」というアイドルのLIVE映像という体裁であった、と書いた。これが後半のエンディングになると、実際にマイサンシャインが歌唱する『dear-dear DREAM』という曲になった。実際にマイサンシャインが歌唱するとはどういうことか。

 マイサンシャインの声優を教えてあげよう。高垣彩陽だ。この『少年突破バシン』の監督は本郷みつるであり、前年の『デルトラクエスト』という作品で高垣は1年以上レギュラーをやっていたのだが、『デルトラクエスト』の監督も、やはり本郷みつるだった。『デルトラクエスト』は2007年1月放映開始であり、同期の深夜アニメ『Venus Versus Virus』は、高垣主演アニメだった。より正確に言うならデビュー初主演である。

 ぼくは自分のことを勝手に高垣シンパだと思っているが、初めてこの声優の名前を知ったのは、2007年秋の『ダ・カーポⅡ』(1期)だったと記憶している。しかしそれと並行して朝枠で『デルトラクエスト』が継続していたし、三ヶ月後には『true tears』というあの忌まわしき傑作が始まるわけである。布石は着実に打たれている。

 

 で、話を戻すと、『少年突破バシン』の後期エンディングでは、マイサンシャイン(高垣)が実際に歌っているわけだ。重要なのは、この時点でスフィアはすでに結成されていた。2009年4月になると『初恋限定。(ハツコイリミテッド)』と『けいおん!』というアニメが始まるーーつまりそういうことだ。

『少年突破バシン』に関しては、声優についてあと2点だけ語っておきたいことがあるのだが、作品内容とともに次回にまわしておく。

 

 ところで、あまり『少年突破バシン』と関係ないが、2008年4月にすでに始まっていた『ネットゴーストPIPOPA』に、「プー」という人外キャラが出ていた。担当声優は豊崎愛生である。2008年度ということは、某クラナドアフターの後番組として『けいおん!』が始まる以前のことだ。プーもマイサンシャインもミュージックレインの所属声優が演じていた、ただそれだけのことであるが、まだスフィアは結成されていなかったし、豊崎愛生平沢唯を演じていなかった。それにしても、豊崎は、「あいなま=けいおんの唯」という固定イメージから脱却するのにずいぶん苦労しただろう(ずっと観てきてるから余計にそう思う)。

 気の毒な話である。

 

 

冒険記録

冒険記録