願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

明石家さんまの出演番組について

『さんまのまんま』が終わった。フジテレビ系列の長寿番組が、どんどん終わっていく気がする。かといって『さんまのまんま』に格別な思い入れがあるわけではない。

 

 どうやら『さんまのまんま』の後継番組は『おかべろ』のようだ。『おかべろ』は、ナインティナイン岡村隆史がメインの番組で、ロンブー田村亮と共演しており、「秘伝ハンター 隠し味を当てましょう!」というロケコーナーには間寛平村上ショージが出演している。言わば吉本興業の大物で固めた布陣、といった雰囲気である。ゲストが来て、岡村や亮とトークするという体裁は、『さんまのまんま』とあまり変わっていない。

 

 ところで、『おかべろ』は、僕の地域では、土曜の夕方6時からの放映である。たしか、『さんまのまんま』もこの枠だった気がする。ちなみに『ミュージックフェア』は、僕の地域では放映されていない。

 

 この間、『踊る! さんま御殿!!』を人生で初めて真剣に観た。ほかに観る番組もなかったし、その週のお題が面白そうだったからだ。『さんま御殿』は、番組スタイルが僕の小学生時代からほとんど変わっていない。お題があって、視聴者から送られたハガキを元にVTRを作る。VTRが流れたあとでスタジオでのトーク・パートとなる。スタジオでは、上段からゲストがさんまを取り囲む形になっている。
 基本、『さんま御殿』には無関心でやってきた。その原因は、裏の放映枠(火曜20時)に『学校へ行こう!』が枠移動したからであろう。僕は小中学生時代、枠移動したあとの『学校へ行こう!』を、ほぼ毎週欠かさず観ていた。だから余計に『さんま御殿』の印象が薄いのである。

 

さんまのSUPERからくりTV』も、そういえば終わってしまった。僕はこの番組に関しては「ご長寿早押しクイズ」以外に興味がなかった上に、「ご長寿早押しクイズ」は番組の一番最後の方にやるコーナーだった。あの番組のおかげで、中村玉緒の立ち位置がいまだによくわからないでいる。それでも家族は、日曜の19時台はほぼこの番組を観ていた。

 

 そういえば『さんまのナンでもダービー』という番組もあった。幼少期の頃なので、ほとんど覚えていない番組である。ただ、うちの地域では日曜の昼間に放映されていたような記憶がある。番組タイトルが示すとおり、パネラーがレースの優勝者を予想する番組だった。この番組の後番組が、『ウッチャンナンチャン炎のチャレンジャー炎チャレ)』である。

 

 そういえば『明石家マンション物語』というコント番組もあった。これはフジテレビ系の水曜夜の番組である。
 鮮明に覚えていることがある。この番組の放映当時(2001年)に、膵炎で入院したことがある。この番組が放映されるのは、病院の消灯時刻のあとだった。しかしながら僕はこの番組がどうしても観たくて、病室のテレビでこっそりと観ていた。しかしながら、テレビの音声とぼくの笑い声がナースステーションに漏れており、懐中電灯を持った看護師さんに発見され怒られたということがあった。

 

 さんまは、フジテレビ系の『ホンマでっか!?TV』という番組のMCを2009年から務めているようだが、この番組は一度も観たことがない。