読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

今週号の「週刊少年マガジン」は永久不滅!!

漫画 スクールランブル

 

 長らく「週刊少年マガジン」を買っていない人! そして『スクールランブル』のファンだった人! 是非とも280円払って今週の「週刊少年マガジン」を買ってください!! ただし電子版ではダメです、ふつうの冊子版を買ってください!

 

 なぜか?

 実は袋とじで『スクールランブル』の新作読み切りが掲載されているのです!!

 袋とじという形式(しかも『魔法先生ネギま!』との抱き合わせ)なので、ネタバレはやめておきます。しかしながら、

  • 後日談です。
  • 塚本姉妹はメインではありません。

 これだけは触れておきます。

 

 思えば『スクールランブル』は、ジェットコースターみたいな曲線を描いた、ある意味究極の週刊少年漫画でした。

 本誌によれば8年ぶりだそうです。つまり、最終回は2000年代末だったということになります。僕は、床屋で『スクールランブル』の第1回が掲載された「マガジン」を読んだ記憶があります。2002年でした。まさに『スクールランブル』は2000年代を駆け抜けて玉砕した漫画でした。

 

 そうです。連載がグダグダに終わったとしても悲観する必要はないのです。『スクールランブル』みたいに、15年かけて説明責任を果たす漫画もあるのですから。

 僕は、スクランの登場人物のことを、片時も忘れていませんでした。

「『スクールランブル』は原作のグダグダを鑑みるにアニメ版1期が最良」とか言ってた過去の自分を呪ってやりたい。

 

 応援している漫画がある人。たとえグダグダに連載が終わってしまったとしても、あきらめてはいけません。単行本はブックオフに売らないでください。

 

 

School Rumble(4) (講談社コミックス)

School Rumble(4) (講談社コミックス)

 

 

 

School Rumble(7) (講談社コミックス)

School Rumble(7) (講談社コミックス)