読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

疑問文(その1)

 

 

これはゾンビですか?1  はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)

これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)

 

 Is this zombie? (これはゾンビですか?

 

一般疑問文

be+主語(S)

Is this your bra? (これ、あんたのブラ?)

-Yes,it is.(そうよ。)

 

あるいは、

 

-No,it isn’t. You are rude.(違うわ。失礼ね。)

 

助動詞+S

Can she use kitchen knife well?(彼女は包丁がうまく使えますか?)

-Yes,she can.

 

あるいは、

 

-No,she can’t.But she can use her ax.(いや、使えない。斧だったら使えるみたいだけどね。)

 

 

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(1) (ガンガンコミックス)
 

 

Does/Did+S+動詞の原形

 

 例文

 

 Does she go to school by bicycle?(彼女は自転車通学ですか?)

-Yes,she does.

 

TARI TARI 1 (特典つき初回生産限定仕様) [Blu-ray]

TARI TARI 1 (特典つき初回生産限定仕様) [Blu-ray]

 

 あるいは、

-No,she doesn’t.She has once been to school by her horse.

(いいや違う。なんでも彼女は馬に乗って学校に来たことがあるとか。)

 

TARI TARI 4 [Blu-ray]

TARI TARI 4 [Blu-ray]

 

 

 Did you have a good time yesterday?(昨日は楽しかった?)

-Yes,I did.

<出典:チャート式新総合英語>

 

あるいは、

-No,I didn’t. It was her fault.(いいえ、楽しくなかった。あの女のせいよ。)

 

 

true tears Blu-ray Box

true tears Blu-ray Box

 

 

☆☆☆

 何だか、自分の趣味丸出しの例文になってしまいました。

 おもしろ例文で売り出した単語集といえば『duo』ですよね。

 まぁ、単語集の話はいいとして、いまは文法の話でした。

 

 ポイントは、「答えを何で受けるか」でしょうね。

 

・Can+主語(S)では、canで受ける(ただ、助動詞+Sへの受け答えは、いろいろなパターンがあるようです)。

・Did/Does+Sは、did/doesで受ける。

 

 肯定/否定、どちらの場合も正確に押さえておきたいところです。

 次回は否定疑問文などをやる予定です。