読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

「檄!帝国華撃団」(ゲキテイ)

今週のお題「カラオケの十八番」

 

 

サクラ大戦 特別限定版

サクラ大戦 特別限定版

 

 

 お題「カラオケの十八番」では、もう「いとしのエリー」で記事を書いてしまった。忘れていた、もうひとつ、「カラオケの十八番」があることを。

檄!帝国華撃団」、通称ゲキテイ。テレビゲーム『サクラ大戦』の主題歌である。

 なぜこの曲が僕の十八番なのか。それは非常に歌いやすい曲だからだ。そして歌詞が覚えやすかった。一番の歌詞は、もう暗記している。そういった意味でも歌いやすい曲であるといえる。

 

 そもそも、僕と『サクラ大戦』の出会いはいつだったんだろうか。もう覚えていない。

 はっきりと覚えているのは、「週刊ファミ通」に吉池マリアという『サクラ大戦』専門の編集者がいたこと、僕が「ファミ通」を読んでいた時期にドリームキャストで『サクラ大戦3』(主題歌は「御旗のもとに」)が発売されたこと、そしてほとんど同時期にキッズステーションで『サクラ大戦TV』が放送されていたこと、だ。

 

 

サクラ大戦TV DVD-BOX

サクラ大戦TV DVD-BOX

 

 

 もともと『サクラ大戦』のアニメ化は、OVAから始まった。地上波での連続テレビアニメの放映は、2000年の『サクラ大戦TV』(TBS)まで待たないといけなかった。ただし『サクラ大戦TV』は一部の地域でしか放映されず、田舎民はケーブルテレビで放映してくれるのを待たなければならなかった。

 僕の地域では、キッズステーションが観られるようになったのは2002年4月からだ。僕は中学2年だった。ほどなくして『サクラ大戦TV』が放映されたと記憶している。

 

 といっても、『サクラ大戦』に、それほど思い入れはないのだ。僕は1988年生まれである。年齢の話ばっかしやがって! と思ってもらうのは結構。この作品にほんとうに思い入れがある世代は、若くても80年代前半生まれの世代だと思うのだが……どうか?

 

 しかしながら、この「ゲキテイ」という曲は、非常に歌いやすいので、カラオケで重宝しているのである。多くのオタクが共有できる「神曲」のひとつだと思う。