願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

ライスシャワーとサイレンススズカ、ボートレースに挑戦する

佐賀記念

 

 栄光まであと70メートルぐらいの地点。

ライスシャワーサイレンススズカ「(カツゲキ)キトキト、差せえええええええええええええええ!!!!!!!」

 

 しかしカツゲキキトキトは4着、人気三頭が馬券内独占……。

ススズ「配当は……? 三連複が4倍以下だったら割りを食ってしまう……(;´Д`)」

ライス「あっ、4.5倍!!」

ススズ「でも四点買って4.5倍の配当ですか……いやはやなんとも」

ライス「納得できない?」

ススズ「元が取れただけじゃないですか」

 

 その後、ライスシャワーサイレンススズカは、天神で浴びるほど酒を呑んでいた。

 

ススズ「ちくしょおおおおおおおおおおおおおお」

ライス「ススズが藤沢和雄になってる……」

ススズ「畜生め! すべての馬は本質的にマイラーなんです! 畜生め、競馬なんてそんなもんなんですよ!!!」

ライス「マァマァ(((ノ´ー`)ノ」

ススズ「なんとか勝って九州を脱出したい!」

ライス「ススズ君、それなら唐津競艇に行こう」

ススズ「唐津!?」

ライス「唐津ボートレースは、朝8時台から開催されているんだよ(モーニングレース)」

ススズ「なんと! 朝からバクチとは僥倖!! 行きましょう是非!!!」

 

唐津モーニングレースに強行出撃

「おい、馬だぞあれ」

「馬が舟券買ってるよ……」

 

ライス「人目は気にするな、ススズ」

ススズ「わかってますよ、もうすぐ1レースのスタート展示*1ですよ……!」

唐津1レース

 スタート展示は123/456の枠なり*2

 

ススズ「ヒック……ここは後半準優勝戦に出走で、1枠のA1レーサー・出畑孝典のアタマで間違いないでしょう……ヒック」

ライス「お前二日酔いしてんじゃないのか?

 出畑の相手はどうするよ、もうひとり後半準優勝戦に行く大上卓人はたぶん6コースだぞ」

ススズ「6コースはたとえスタートぶち込んでも舟券対象から外すのが俺の信念」

ライス「いや、お前ボートレース歴、そんなに長くないだろ……、『信念』とかなんだよそれ」

ススズ「いいから僕に従ってください。

 素直に1-2でいきましょう。4番は節間成績*3が悪すぎるので、消しです。1-2-35でたぶん取れます」

ライス「6番来ても後悔しないな?」

ススズ「後悔しない!」

 

・買い目

 三連単1-2-3、1-2-5

 

 ・1レースの発走

 

 進入は123/456。

 6コースが好スタートを切る。しかし1マークでは1コースの出畑が圧倒。ただ……。

ススズ「あっ……6コースが普通に来てる……

 

確定:1ー6ー5 大外れ

 

ライス「おい、大丈夫か? 失神するなよ、沈黙の水曜日になっちゃうから」

ススズ「(茫然自失)」

 

2レースは難しすぎるのでパス

3レース

 ススズ「さすがにここは誰がどう見たって、4連勝中の3号艇・松田大志郎でアタマ鉄板……」

ライス「2着は?」

ススズ「スタート展示を注意して見ましょう」

 

スタート展示:アウト勢の動きなく、123/456。

 

ススズ「3-124-124」

ライス「5号艇のベテラン吉田稔は?」

ススズ「絞らなければトリガミになる恐れがあります。中途半端に押さえるより、バッサリと切っていきます」

 

・買い目

 三連単 3-124-124(計6点)

 

・3レースの発走

 

 4号艇がピット離れで遅れ、6コース進入となる。

ススズ「ちょ、話が違う」

 

 進入は123/564

 1号艇が先に旋回しようとするが、3号艇・松田があっさりまくり差し独走。

 1号艇と2号艇が激しい2着争い。

 

ススズ「うぉぉぉぉお、黒(2号艇)! 高めこいやあああああああああああ」

 

確定:3-2-1

三連単配当:2680円 的中!!!!!!

 

ススズ「よっしゃあああああああああああああ」

ライス「ズバリお見事。ところで、いくら買ってたの?」

 

払戻し機から福沢諭吉がバババババババ……と何十枚も出てくる。

 

ススズ「億万長者や!!」

ライス(一体いくら張り込んでたんだこいつ……。それにしてもカネの出所がわからねえ)

ススズ「橋田先生ありがとう!!!」

ライス「調教師かよ! ギリギリセーフのラインだぞ」

*1:「次のレースに出場するレーサーたちが本番のレースを想定したコース取りとスタートを行うこと」(ボートレース公式サイトより引用)

*2:「内から「123456」と枠番通りに進入した状態」、公式より引用

*3:ボートレースは通常4~6日間でひと開催であるが、その単位を『節』という