読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

セイレン&うらら迷路帖 #2

『セイレン』第2話の構成

1:正一の部屋。窓から入ってきたのは、なんと常木さんだった

(オープニング)

2:事情を説明する常木さん。正一のジャージを借りる

3:夢を観る正一。トイレの夢

4:食堂。常木さんはもう女友達(マコ)を作っている。「ジャージを着たままトイレ掃除をしていいか」と正一に訊く常木さん。

 正一のジャージを着たまま授業を受け、掃除をする

5:コインランドリー。ジャージの洗い方をマコに教えてもらった常木さん、正一の彼氏を装う

(コマーシャル)

6:エリート女子校生に常木さんの陰口を言われるところを正一が聴いてしまう。そこに常木さんが現れ、洗濯したジャージを正一に返す。まだ正一の彼氏のフリをしている

7:正一が姉のことを言ったことが引き金となり、常木さんが「夜食を作る」と言い出す。料理のためにジャージをまた貸してくれと言う

8:スペイン風オムレツを正一・郁雄・マコに振る舞う常木さん。ジャージを着たままオムレツを食う常木さん

9:常木さんは、正一を、ついからかいたくなってしまう。ジャージを着たまま食器を洗う常木さん。正一は言う、「常木さんのおへそ、綺麗だった」

 正一は常木さんにジャージをずっと貸してあげると言う。

 

やこぶそん「んっ?」

ばふちん「何?」

や「なんでわざわざジャージのところに下線を引いてあるの」

ば「それはね、重要な小道具だからだよ。

 『プロップデザイン』という役職があるように、小道具はアニメの作劇において重要視される。

 今回は、正一が常木さんに貸したジャージが重要なアイテム。

 キャラに眼は行くけど、話を駆動させる小道具(今回は、正一のジャージ)にも注目してほしいな」

や「なるほど」

 

うらら迷路帖』第2話雑感

ば「警官の佐久さんがいい立ち位置だなって」

や「ああ、それは思った」

ば「佐久は棗屋と深い関係でありつつ、棗屋の外部にいる存在。

 棗屋の5人だけで話を進めるよりも、『厚み』が出てくるよね……」

や「『佐久さんポジション』を、他のアニメでも見つけたいものだな」