願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

プリパラ #129

やこぶそん「プリパラも次回で130話か……感慨深いものがあるな」

ばふちん「なんかこう、『2年半やってる』って言われるよりも、『120話以上やってる』って言われる方が、重みを感じるよね」

 

『プリパラ』第129話の構成

1:ジュルル、不吉な夢を見る

(オープニング)

2:プリパラ。敗者復活戦がまもなく行われる。コスモとあじみ、メンバーの欠員に悩む

3:みれいやそふぃ達、コスモとあじみのためにメンバーを探しに行く。一方らぁらは朝からジュルルに甘えられ続けている

4:ジャニス、ジュルル(ジュリィ)のところに行こうとするが、ままならなない。のん達におやつで懐柔されるジャニス。しかし、とうとうジュルル(ジュリィ)を説得するため、のん達のもとから飛んでいってしまう

アイキャッチ

5:らぁらとジュルルの前に現れる、ママとグロリア学園長。神アイドルを目指すらぁらたちを応援する幸せ

6:「新メンバーを見つけた」というみれいとそふぃ。選ばれたのはちゃん子だった。みれいとそふぃ、ジュルルが言葉を覚えつつあることを指摘する

7:敗者復活戦。単騎で乗り込むジャニス。コスモ・あじみ・ちゃん子の3人は、ユニットを組み参戦する。激しい3人のステージ

8:対峙するジャニスとジュリィ。ジュリィ、神アイドルになる資格をちゃん子達3人に与え、グランプリ本戦の楽屋の鍵を渡す(=敗者復活戦優勝の証)

9:なおも張り合うジャニスとジュリィ。ジャニスは女神の資格は私だと主張する。一方、ジュリィも負けずに何かを言い返そうとするが……

10:らぁらの家。ジュルルがしゃべった!!

 

 

や「ちゃん子の初ステージの演出、やけに力が入っていたが……」

ば「今回はジュルルの可愛さが特に目立っていた。赤ん坊の愛らしさが、らぁらに甘えることで特に際立っていた」

や「そうだな」

 

ば「プリパラってさ、登場人物の顔を見ると、なんか安心するんだよな」

や「どういうこと?」

ば「なんだろう、例えばらぁらの眼の描き方とかにさ、なんだか癒やされるんだよ。

 別にロリコン的な意味合いは全然なくて、あの大きくて可愛らしい『プリパラ』という作品特有の眼の描き方が落ち着くんだよなぁ。

 初めてそれに気づいたのは、あろまとみかんがメインの回だったっけ」

や「まぁロリコン的意味合いはないにしても、ばふちんはロリコンだけどな」

ば「……(憮然)」