願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

電撃文庫原作TVアニメを勝手気ままに振り返る 第10回『バッカーノ!』(後編)

 

バッカーノ! Blu-ray Disc BOX

バッカーノ! Blu-ray Disc BOX

 

 「これWOWOWアニメだったんですよね。2007年の夏ですよ夏。WOWOWをどうやって観るのかなんてわからなかったから、この時期のWOWOWアニメはリアルタイムでは体感してませんわ」

 

「初めて放送を見たのはアニマックスでしたかねえ。WOWOWでの本放送(2007年夏)当時はそんなに評判がなかったよね、このアニメ。評判が悪かったというより、反響に乏しかった。それでもこのアニメは市民権を得ましたねえ」

 

「同じWOWOWアニメでも2008年の『カイバ』なんか、『カイバ』を観られる環境にあった人は当時、絶賛していたけど、今ではあんまり顧みられませんからね……」

 

「『シグルイ』? これもWOWOWアニメでしたねえ。こっちは反響に乏しいまま現代に来てしまったパターンかなあ」

 

カイバ Vol.1 [DVD]

カイバ Vol.1 [DVD]

 

 

 

 

シグルイ HALF-BOX 竜 【期間限定生産】 [DVD]

シグルイ HALF-BOX 竜 【期間限定生産】 [DVD]

 

 「『バッカーノ!』に話を戻すと、アニマックスで確かに放送されはしていたと思うんですよね、でもねえ、その頃の僕には悪い習慣があって、【ながら見】状態だったんですよ。例えば手元のPCで2ちゃんねる見ながらアニマックスやらテレビ神奈川やら流したりするの。それで意味が伝わるアニメもあったんですよ」

 

「でもやっぱり【ながら見】は良くないね。『バッカーノ!』には通用しませんでした。なにが起こってるか【ながら】じゃわからないの。『バッカーノ!』はそんなアニメだったの。そういえば『シグルイ』もそういうタイプのアニメだった気がする--」

 

「で、TOKYOMXで地上波放映されていた『バッカーノ!』も観てて、やっぱりなにが起こっているのか判然としなかったんですけど、ぶったまげたのは、

 

 ”グロテスクな描写があるのでお子様の視聴にはお気をつけ下さい”

 

っつうテロップが流れたんですよ。そこまでやるか、MX! って。たぶん深夜アニメのヘゲモニーtvkテレ玉・チバの3局からMXに移り始めた時期の放映だったと思いますよ」