願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

1984年の日本競馬(1)

「競馬年鑑」

グリーンチャンネルに、「競馬年鑑」という番組がある。1984年から現在に至るまでの中央競馬の重賞競走をすべて放映していく番組だ。なぜ「1984年から」なのだろうか? それはおそらく、1984年に中央競馬の競走体系が大きく変わり、「グレード制」が導入されたからだと思う。

 

競走体系の見直しとグレード制

論議を読んだのは、天皇賞・秋の距離短縮であった。前年まで3200メートルという長距離で施行されていた天皇賞・秋を、2000メートルの中距離戦に変貌させた。「ミスターシービー(1983年クラシック3冠達成)を勝たせるためではないか!?」という噂もあったらしい。ともかく、「マイルチャンピオンシップ」という新たな大レースの設定、それに伴うマイル路線ーー当時は「短距離路線」と言われていたであろうがーーの整備など、1984年は中央競馬の構造が大きく変わり始めたターニングポイントであった。

 

そして「グレード制」は、レースの格を一目瞭然に示した。1984年、グレード制の頂点をなすG1競走に指定されたのは、牡馬三冠(皐月賞東京優駿菊花賞)、牝馬三冠(桜花賞優駿牝馬エリザベス女王杯)、春秋の天皇賞安田記念マイルチャンピオンシップの両マイル王決定戦、宝塚記念ジャパンカップ、朝日杯3歳Sと阪神3歳Sという東西3歳G1、そして有馬記念

 

シンボリルドルフ

シンボリルドルフという競走馬がいた。父パーソロン、母スイートルナ、その父スピードシンボリ。成績は、国内15戦13勝2着1回3着1回、海外1戦0勝。

この成績が、いかに恐ろしい数字を示しているかは、競馬を知れば知るほどわかってくる。3着に敗れたジャパンカップは4番人気だった。期待を裏切ったのは、ギャロップダイナに負けて2着だった天皇賞・秋だけだった。その天皇賞・秋でも、シンボリルドルフは枠番連勝式馬券の対象になっているので、馬券を買うファンにほとんど迷惑をかけなかったのだ。

 

1984年の競馬はシンボリルドルフを中心に回っていった。1歳上の3冠馬ミスターシービーが、迎え撃つ立場だった。1981年に創設されたジャパンカップでは前年キョウエイプロミスが惜敗、「今年こそ日本馬のジャパンカップ制覇」という機運が高まっていた。

 

3戦3勝のシンボリルドルフは、弥生賞から始動した。1番人気は、ビゼンニシキに譲った。ビゼンニシキはすでにG3の共同通信杯を勝ってここに臨戦してきた。1番人気のビゼンニシキと2番人気のシンボリルドルフ、どちらが強いのかに興味は集まった。

SB対決

「SB対決」という俗語がある。1992年の天皇賞・秋三宅正治アナが言っていたので、知っている方もいるだろう。このレースではトウカイテイオーシンボリルドルフ産駒、ダイタクヘリオスビゼンニシキ産駒であり、各々の頭文字を取って「SB」の代理戦争となるかに一瞬は思えた。血の因縁とは競馬につきものである。

 

弥生賞はルドルフが勝った。皐月賞シンボリルドルフ1番人気、ビゼンニシキ2番人気で、両馬とも単枠指定であった。ここもシンボリルドルフ1着、ビゼンニシキ2着で、3着のオンワードカメルンに4馬身差を付けていたので、尚更ダービーに向けて2強ムードが高まっていたのだろう。

 

「銀行レース」ということばは、主に枠番連勝複式や馬番連勝複式に対して使われることばであるように思う。東京優駿ではまたしてもシンボリルドルフビゼンニシキともに単枠指定枠連4-6は世紀の銀行馬券と呼ばれたらしいが……。

 

ビゼンニシキは馬群に沈んだ。

シンボリルドルフは反応が悪かったが、馬が競馬を知っていたかのように差し切り勝ちをおさめた。ヒモが荒れた。20番人気のスズマッハだったのだ。山口瞳・赤木駿介共著『日本競馬論序説』によると、赤木駿介はスズマッハの単複を持っていたらしい。

 

1998年の天皇賞・春で、メジロブライトシルクジャスティスの馬番連勝複式に大金がブチ込まれたというエピソードがあったが、メジロブライトの2着馬が何だったのかという話である。

 

「両雄並び立たず」これは、公営ギャンブルに特に顕著である。

 

さて、首尾よく2冠を達成したルドルフは、当然秋の京都に照準を狙い定めることになる。