読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

近年の全日帯アニメを考える・2008年度編(4)

テレビ東京

秋期

 

テレビ朝日

秋期

 

2008年の秋に、俺は精神を病んだ。生きる意味がわからなくなった。学校にも行かず、ずっとマンションにひきこもっていた。

「死」を覚悟したのは、コンビニで買ったスパゲッティが喉を通らなかったことだ。病院に栄養剤を送ってもらった。数週間はそれで食いつないだ。

 

日曜の朝、いつも何時に起床していたか覚えていない。しかし、現在よりも遅かったのはたしかだ。朝10時の『絶対可憐チルドレン』までには起きていた。そして、その次に放送される『ライブオン CARDLIVER 翔』を観てから、中野駅へ重い足取りで出かけていった。ひきこもっていた俺が、外に出る機会はそれぐらいだった。

 

ところで、『ライブオン CARDLIVER 翔』なるアニメを覚えている人は少数だろう。カードバトルアニメの一種である。この頃には、男児アニメ≒カードアニメという情勢になっていたと思う。

 

ライブオン CARDLIVER 翔』の内容は、忘れた。だがしかし、『ライブオン CARDLIVER 翔』というアニメが存在していたことはしっかりと覚えている。串田アキラが歌っていた主題歌も覚えている。

 

 

 

名前を出してあげなければ、泡のように消えていってしまう。