願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

ライスシャワーの手記(4歳馬編)

「上半期に活躍した馬を振り返ってみる」

ドゥラメンテ

ドゥラメンテの引退は、上半期最大のニュースだった。けっきょく、この馬は、引退までパーフェクト連対を保ったことになる。宝塚記念で、キタサンブラックをハナ差かわして2着だった。僚馬のモーリスも、安田記念で、フィエロの猛追をハナ差しのいだ。

『本当に強い馬は負けても2着は外さない』とは使い古された格言だが、なかなか当たっているのかもしれない」

キタサンブラック

セントライト記念以降、馬券の対象から外れていない。宝塚記念では、ハイペースの逃げだったが、馬場が味方してくれた。やはり本質はステイヤーなのではないか。この馬が秋競馬の中心を担い、ついに1番人気に支持されるようになると、マークがきつくなる」

リアルスティール

安田記念のボロ負けを福永のせいにする風潮になっているが、それにしても負けすぎだ。安田記念ではTベリーのほうがモーリスを制御できていなかった。

 ドバイターフで勝つという予感はあった。ふたを開けてみれば、一杯一杯走っての辛勝だったわけだが」

サトノクラウン

宝塚記念は遠征明けというハンデもあったのだろう。京都記念を見る通り、思い馬場なら馬券的に注意したい」

アンビシャス

宝塚記念は、結果的に馬が競馬をやめてしまったということだろう。それにしても、去年の天皇賞・秋で、『デムーロが制御できていれば……』と言われたように、『たられば』が今後も付きまといそうな馬だ」

ヤマカツエース

「G3級。京都記念で負けてから下降中」

レッツゴードンキ

「このままスプリントで結果が出ないと、桜花賞の勝利がますますフロックと言われてしまう」

シュヴァルグラン

「典型的な晩成傾向のハーツ産駒。阪神大賞典はメンバーが弱かった」

アルビアーノ

「デビュー以来すべて5番人気以内に支持されている。若干過剰人気気味。柴山が乗ることはもうないだろう」

ルージュバック

「この馬ははっきりと過剰人気馬。混合G1で穴人気したりするのなら思い切って蹴ってみたい」

レーヴミストラル

「騎手を変えるべきでは……」

モーニン

「勢いが止まったら歯車が狂うのはよくあること……」

ホワイトフーガ

「今後のダート牝馬路線は、この馬を軸に進行するだろう」

 

(続く)