読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

電撃文庫原作TVアニメを勝手気ままに振り返る 第5回『住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー』

 

 --今をときめくufotable出世作ですが。

「言うてもこれ2003年やろ。今のufotableと昔のufotableはまるで違うで」

--と言うと?

「危険を恐れず言わしてもらうと、ドッコイダーや『ニニンがシノブ伝』の頃のufotableは、京アニの2番手みたいな会社だったと思うねん」

--それは、つまり、PAワークスがまだ元請け制作に乗り出さなかったこともあると。

「ついでに言わしてもらうと、シャフトも京アニの2番手みたいな感覚やったな。それはともかくとして、ufotableは、『空の境界』で本格的にあおきえいが絡みだしてから、何かが変わってしまった感じはあるわな」

ーー今日は、ずいぶんざっくばらんですねw

「このブログの管理人は、『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』に間に合わなかったのを、相当悔しがっとったで」

ーー間に合わなかった、というと。

「彼は2007年の4月に上京したんや。まなびストレートはその1クール前や」

ーーあれま……。

「だからドッコイダーシノブ伝フタコイオルタもコヨーテも彼は体験してないんやな」

--可哀想に……。

ニニンがシノブ伝は後追いで観たっちゅうとったけどな」