願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

電撃文庫原作TVアニメを勝手気ままに振り返る 第4回『キノの旅』(後編)

 

 

ーーWOWOWノンスクランブルアニメの存在を知らなかったんですか。

「そうです。知らなかったんですよ。WOWOWは多分実家でも観られたんだと思う。でも、枠の存在を認知してなかったので、それに家族の前で観るような番組も少なかっただろうしーー。

『地球防衛家族』ってアニメ知りませんか? あれ、初出はWOWOWだったと思うんだけど、僕はキッズステーションに流れてきたやつを観た(おそらく2002年)。当時は、何をやってるんだろうこのアニメ、と思ったもんだけど。

キノの旅』に話を戻すと、2003年の4月期のアニメだったんですよね、『スクラップド・プリンセス』と抱き合わせで覚えてる人が多かったみたいですから。でも、TVアニメ版『キノの旅』の存在は知らなかった。監督がこれまでどんな仕事をしてきたかというのももちろん知らなかった。だって『キノの旅』の存在自体を知らないんだもの。

サクラ大戦TV』は観てたんですけどね。

 で、そのクール、2003年4月期に何を観てたかっていうと、当時は1クール刻みじゃなかったんだけどな、出てくる女の子が可愛いってことで『D・N・ANGEL』を観ていたんですよ、多分。『カレイドスター』を観始めるのはもう少し先かな、ユーリにカレイドステージが乗っ取られて仮面スターが出てくるあたり。そういえば、『ガンダムSEED』がまだ放映中でしたねーー。

 そうそう、『あいまいみぃ! ストロベリーエッグ』ってアニメあったでしょ? 三重野瞳赤尾でこ)がOP歌ってたやつ。あれの番宣がキッズステーションが我が家に通った時(2002年春)に盛んに流れていて、やっぱりWOWOWから降りてきたんですね、当時は「このアニメはどの放送局から流れてきたんだろう」と思ったものだけど、WOWOWのノンスクランブル枠から流れてくるケースが多かったと思うんですね。

 で、たぶん『キノの旅』もキッズステーションで放映されたんじゃないかな。でもまったく覚えてませんね、作品には悪いけど。でもね、主題歌を歌っている、下川みくにって人は、当時スターでね、よくアニメソングを歌ってくれましたよ、俺が1番印象に残っているのは『ドラゴンドライブ』のOPなんだけど、なんでかって言うと夕方に観られるアニメだったからなんですけど。

 ともかくWOWOWノンスクランブル枠の存在自体を知らなかったんで。今から振り返ると、2003年はUHFアニメが強力に伸張していった年で、ニッチなところで言うと『ワンダバスタイル』とか、当時は深夜深夜だと馬鹿にしていたものですが、WOWOWアニメと比べるとやっぱりUHFアニメの勢いの強さが印象に残りますよね」

ーーでも劇場版は観ているのですよね。

「はい。『電撃文庫ムービーフェスティバル』というのが、僕が大学1年のときにありまして、『灼眼のシャナ』『キノの旅』『いぬかみっ!』の3作品併映だった。キモヲタ版『東映アニメフェア』みたいなものかな。

 池袋のシネマサンシャインの階段にね、行列を作って、オタクがラノベを立ち読みしながら整然と上映を待って並んでるんですよ。

 壮絶な光景ですよね。都会って怖いと思いました」

ーー肝心の劇場版『キノの旅』については・・・・・・

「まったく覚えてないですw だってその次に上映された『いぬかみっ!』がぜんぶ食っちゃったんだもの。『いぬかみっ!』劇場版の話は絶対にすると思うけど。

 ただ、『キノの旅』については、メイン声優を外から持ってきて懸命に新味を出そうとしているのかな、とか、そういう断片的な記憶はありますね」