願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

深夜アニメプレイバック1・1995年、1996年

同学年のばふちん君とやこぶそん君が話していました。

やこぶそん(以下:や)「お前、何年か前に、『今年のテーマは【深夜アニメ】だ』みたいなこと言ってたよね」
ばふちん(以下:ば)「言ってた言ってた」
や「で、実行できてないよね」
ば「……(沈黙)」
や「これを機会に、俺達がガキだった頃の深夜アニメを振り返ってみないか?」

ば「『吸血鬼美夕』ってアニメ知ってるだろ」
や「ああ」
ば「【深夜アニメ】って概念を考えてる時に、妙に『吸血鬼美夕』が脳裏に浮かぶんだよね」
や「何故に」
ば「小学校3年ぐらいの頃、公民館の椅子に寝そべって『アニメージュ』を読んでいたんだ」
や「はぁ……」
ば「後ろの方に、その月に放映されるアニメの放送予定を載っけるコーナーがあったんだよ。
『吸血鬼美夕』の欄を見て、『なんでこのアニメは日付が変わったあとに放映されてるんだろう?』と思ったわけだよ」
や「ああ、それがばふちんにとっての【深夜アニメの発見】だったわけだな」
ば「それからアニメ誌の読者投稿欄で『吸血鬼美夕』を賛美する投書を読んだことがある」

ばふちんが小学校1・2年(95・96年度)の時の深夜アニメ

や「Wikipedia深夜アニメ一覧は便利だね」
ば「Wikipediaだけどね」
や「このリストを参考に振り返っていこうよ」
ば「1995年」
や「稲中しかないねw」
ば「稲中しかないねw」
や「まぁこの頃は、アニメに対する意識があまりなかったよね」
ば「小学校に通えるのが嬉しかった」
や「お前は文字を覚えるのが早かったよね」
ば「うん、『ばふちん君は漢字を書いていなさい』とか言われてた。おかげでひらがなを書く練習をしなかったから悪筆になったよ」
や「コロコロは買ってただろ?」
ば「さあ、いつから買ってたかな。購読してた頃には、もうマグナムセイバーやソニックセイバーは溶岩に溶けていたと思うよ、とっくの昔に」
や「クレヨンしんちゃん観てた?」
ば「まだ観てた。でもこの次の年ぐらいだろ、ひまわりが生まれるの」
や「ひまわりが生まれると離れていくんだよね」
ば「みんなそうだったよね、こおろぎさんには悪いけど」
や「1996」
ば「エル狩(『エルフを狩るモノたち』)。」
や「現行の深夜アニメの端緒だよね」
ば「そうだよね、ここから始まったんだよね」
や「当時は存在すら知らなかったけどw」
ば「当たり前だよ。放映時間が木曜の深夜。木曜なんて『どっちの料理ショー』観ながら寝てたやん、みたいなw そもそもテレ東が映らねぇw」