願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

電撃文庫原作TVアニメを勝手気ままに振り返る 第2回『フォーチュン・クエストL』

第2回目はフォーチュン・クエストL』です。

 

 

 

フォーチュンクエストL VOL.1 [DVD]

フォーチュンクエストL VOL.1 [DVD]

 

 

 

フォーチュン・クエスト』という字面を見ると、中学校の美術室に立てかけられていた原作を模写したイラストを思い出します。

この小説は、もともとは角川スニーカー文庫の作品だったようです。ですが、諸般の事情からレーベルを電撃に移します。

アニメ『フォーチュン・クエストL』は、電撃にレーベルを移し改題した『新フォーチュン・クエスト』シリーズからアニメ化した作品です。

なので、「これが『電撃文庫アニメ?』」と疑わしく思われる方もいるかもしれません。

それから、このアニメは、放映枠が変則的でした。

Wikipediaによると、まず関西のMBSで1997年10月に放送が始まり、関東地方で放送が始まったのは1998年6月、それもMBSとネットを組んでいるわけでもないテレビ東京で、でした。

いずれにしろ深夜枠のアニメです。

 

わたしはこのアニメのOP映像を観たことがありますが、当時の水準にしてもとんでもなく低いクオリティのOP映像でした。

おそらく、制作体力が落ちまくっていた時期の「イージーフィルム」が制作会社だったからだと思います。

イージーフィルムは、『スレイヤーズ』シリーズでアニメを席巻した制作会社でした。

しかし、今回の『フォーチュン・クエストL』の次に発表した『ロスト・ユニバース』という、『スレイヤーズ』シリーズと同一原作者のアニメで、致命的な作画崩壊を引き起こしてしまいます。

フォーチュン・クエストL』の総監督は渡部高志です。この時期のイージーフィルムの作品は、ほとんど彼が制作を取り仕切っています。そして渡部監督は、この企画で、以降何度も出ていただくことになります。

 

というわけで、またも本編内容に一切触れず、OP映像の悪口でお茶を濁すのでした……。