読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いがいつか叶うまで

ひとりじゃない

電撃文庫原作TVアニメを勝手気ままに振り返る 第1回『爆れつハンター』

『PRANK!』さんの電撃文庫特集号に書き損ねたので、ここらでちょいとこれまでの電撃文庫アニメを振り返ってみようと思います。

内容を覚えているアニメのほうが少ないのかもしれませんが……。

 

第1回目は爆れつハンター(1995年)です。

 

爆れつハンター DVD-BOX

爆れつハンター DVD-BOX

 

 

 

 

電撃文庫の作品がテレビアニメ化されたのは、この作品が初めてだそうです。

といっても、今までのわたしに、そういう認識はありませんでした。

爆れつハンター』の原作者があかほりさとるであることは知っていましたが、レーベルが電撃であることも今まで知りませんでした。

今、ライトノベルの書棚に行っても、電撃のところにこの作品の背表紙は見つからないでしょう。

それを裏付けるかのように、Amazonで文庫第1巻を検索しても書影すら出てきません。

 

アニメの話をしましょう。

もしかしたら、このアニメは、本編よりも、OP主題歌のほうが有名かもしれません。

OP主題歌は、テレビ朝日の「ワイド! スクランブル」という番組の「夕刊キャッチアップ」というコーナーで使用されていました。

アニメ版のキャラクターデザインは後藤圭二です。

彼は、今でこそアニメ演出家としての活動が多いですが、かつては一世を風靡したキャラクターデザイナーでした。

それから、このアニメは、制作会社XEBEC(ジーベック、と読みます)の処女作だったはずです。

XEBECは、葦プロダクションから派生した会社です。このアニメが放映開始された3ヶ月後に、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』という男児向けアニメを制作します。男児向けアニメといっても、『レッツ&ゴー』はあらゆる層から注目を集めていくようになるのですが、それはまた別の話。

 

わたしは、このアニメの本編映像を、観たことがありません。

弁解させてもらうと、わたしが育った山陰地方では、あかほりさとるが関わるアニメが、全くと言っていいほど放映されなかったのです。

他の地域の方はどうだったのか、あかほりさとるの「地域間格差」はどうだったのかが、興味深いです。

 

というわけで、本編内容に一切触れず終わってしまいました……w